ゴールドコースト&ブリスベンツアー探検隊

土ボタルツアー【体験記1】

土ボタルツアー世界8大不思議に数えられる土ボタル。世界で極めて限られた場所でしか見れないこの神秘の生物を見てみませんか?国立公園内の暗闇の中に無数の小さな光を放つ土ボタルは、まるで洞窟の中のプラネタリウムのようです。さらに夜空に輝く南十字星などを観察したり、熱帯雨林に生息する動植物を観察します。!



今回のツアー探検隊員


小梅探検隊員
ケアンズで見た蒼く淡く光る土ボタル。
土ボタルは南に下れば下るほど光が強くなると聞き、ケアンズの土ボタルとどんな違いがあるのか突撃調査に向かいました!


世界遺産の森へ出発!


待ち合わせ時間に到着したバスに乗り込むと、すでに何人かのお客様が乗っていました。
そこから更にホテルを回り、あっという間にバスはいっぱいに!
人気のツアーなんですね。

今回は、ミノさんという女性とダレンさんというオーストラリア人のガイド兼運転手さんの2人がガイドを勤めてくれました。
ツアー参加者のピックアップが終わり、早速その日の行程のご案内があります。
今回向かうのは、シティから約60キロ離れた世界遺産の森『ナチュラルブリッジ国立公園』です。

(写真:JPT TOURS提供)

行程のご案内にあわせて、国立公園内で土ボタルを見る際の注意事項のお話がありました。

○国立公園へは物を持ち込まない、持ち帰らない(破ると罰せられます!)
○周りに生えている植物を気軽に触らない
○遊歩道からそれない
○煙草を吸わない
土ボタルの為に
○虫除けスプレー禁止
○カメラの撮影禁止

上記の注意事項を守りながら今回のツアーは進められます。
更に、夕食のメニューが4種類あるので、その希望をガイドさんに手を上げて意思表示。

☆オージービーフステーキ(赤ワインソース)
☆バラマンディー(ホワイトソース)
サイド(サラダ&チップス)
☆グリルドチキン(アボガドハーブソース)
サイド(サラダ&スイートポテト)
☆ベジタリアントマトパスタ
全てのメニューにブレッドロールとコーヒーor紅茶、そしてデザートのアイスクリームが付いています。
 
(写真:JPT TOURS提供)

そうこうしている間にあっという間にバスは国立公園内の駐車場へ到着しました。

バスから降りたらお手洗い休憩です。
国立公園の自然を守る為に、お手洗いは「COMPOSTING TOILET」でした。

お手洗いから戻ると散策の為に使う懐中電灯を渡されました。
こちらは備え付けのハンドルを回すと発電するタイプの自然に優しい懐中電灯です。


世界遺産の森へ出発!


早速ミノさんチームとダレンさんチームに分かれて散策開始!
行き20分、帰り20分の全行程40分の道程です。

整備された遊歩道を懐中電灯の灯りを頼りに歩きます。
その際に、ミノさんが熱帯雨林の植物などのお話をしてくれます。
私たちは見ることができませんでしたが、ポッサムなどの動物が見られることもあるようですね。

(写真:JPT TOURS提供)

ミノさんは段差や飛び出した岩への注意などを頻繁に促してくれます。
女性らしい細やかな配慮ですね。

土ボタルの居る洞窟へ入る人数は予め定められており、入る時間も制限されています。
これは、人間の体温や吐く息(二酸化炭素)なんかが土ボタルに影響を与えるからなんだそうです。
土ボタルはとっても繊細な生き物なんですね。

森に入った時から聞こえていた川と滝の音が、洞窟に近づくに連れて大きくなります。

(写真:JPT TOURS提供)

洞窟に入る前も、数は少ないですが遊歩道に土ボタルを見ることができますが、洞窟内の土ボタルの数は比べ物になりません。
正に「天空の城ラピュタ」で見たワンシーンを彷彿とさせてくれました。

月が満ちていた夜だったので、洞窟内に流れ落ちる滝が付きの光で浮かびあがり、更に幻想的な光景を引き立てていました。
聞こえるのは水の音のみ。
そして無数に広がる緑色の土ボタルの灯り。
神秘的な光景に、ツアーのお客様全員が魅入ってしまいました。

(写真:JPT TOURS提供)

ツアー当日は晴れていましたが、ずっと雨が降り続いていたお陰で滝の水も程よく、更に土ボタルも活き活きとしていたそうです。
乾燥に弱い土ボタルは、雨が降らないのは生死に関わる問題となるそうです。
とても恵まれた環境で見ることができた土ボタル。
感動の一言でした。

洞窟を出てから駐車場へ戻り、ここでミノさんとお別れ。
日本語が堪能なダレンさんが夕食会場となるレストランへ行く道中に星空観察をする為にバスを停めてくれました。
今の時期は南十字星が見られない時期で、更に満ちた月の光に邪魔されて星が見えづらいということでしたが、それでも夜空に広がる満点の星空を楽しむことができました。
時が経つのも忘れてみんなで夜空を見上げてしまいました。


待ちに待った夕食タイム♪


しっかり歩いてお腹が空いた後は、お待ち兼ねの夕食タイム!
会場はゴルフクラブのレストランです。
美しくセッティングされたテーブルに着席してお料理を待ちます。

(写真:JPT TOURS提供)

レストランからはライトアップされたゴルフ場を見ることもできますよ。
レストランにはバーが併設されており、こちらで好きな飲み物をオーダーすることもできます。
メインの前にブレッドロールとバターがサーブされました。
お腹が空いていたので、メインを待たずにブレッドロールを食べていると続々とメインが登場!
オージービーフも200gのお肉がドーンとのっています。

(写真:JPT TOURS提供)

私がオーダーしたのはグリルドチキン!
とっても迷いましたが、サイドのスイートポテトが決め手となりました♪
大きなチキンが2枚に、これまたボリュームのあるスイートポテトが3つ、そしてサラダ!
ツアーに参加した方々も、口々にボリュームの多さに驚きの声を上げていました。
盛り付けも綺麗で、味も◎!
体をまっすぐにできない程お腹いっぱいになった頃にデザートのバニラアイスが運ばれてきました。
それもすごい量で2スクープ!
紅茶と一緒にいただきましたが、とっても美味しかったのにあまりの量に1スクープ残してしまうほどでした。。

お食事中は参加者同士で談笑したり、遠くになぜか遠くで花火が上がり始め、それを眺めたりとゆっくりディナータイムを満喫することができました。

お食事を終えたらみんなでバスへ乗り込み、シティーへ向けて出発しました。

ツアーを終えて


ナチュラルブリッジ国立公園では、凛とした空気の中夜の森を散策し、美しい土ボタルの光に酔いしれることができました。
あの奇跡のような光は、是非とも皆さんにご覧いただきたいです。
そして夜空に輝く星々にも感動。
お腹が空いた頃には素敵なレストランで美味しいお料理に舌鼓。
正に大満足のツアーでした。
オーストラリアを訪れたら、外せないツアーですね!




持ち物
ツアー参加券(バウチャー)、動きやすい服装、歩きやすい靴、暖かい上着(冬季)、夕食時のドリンク代


今回のツアースケジュール


17:15 ホテルにお迎え
18:50 レインフォレスト散策開始
19:40 ナチュラルブリッジ国立公園出発
20:30 夕食
21:50 ホテル到着


※料金、ツアー内容はツアー参加時のものとなります。
最新情報は下記のリンクよりご確認下さい。



同じカテゴリー( L 土ボタルツアー)の記事画像
土ボタルツアー
土ボタルツアー
同じカテゴリー( L 土ボタルツアー)の記事
 土ボタルツアー (2010-01-06 00:00)
 土ボタルツアー (2008-11-29 00:00)

投稿日: 2010年11月17日

無料!新規ブログ作成
無料ブログの登録はこちら

はじめての方へ

広告掲載について


過去記事
QRコード
QRCODE

削除
土ボタルツアー【体験記1】
    コメント(0)