ゴールドコースト&ブリスベンツアー探検隊

WAKUWAKUきらきらサファリツアー【体験記1】

WAKUWAKUきらきらサファリツアー日本語オージーガイドが案内する動物探検ツアーの決定版!野生動物の宝庫、ラミントン国立公園で野生動物を探しながらツアーは進みます。ジャングル探検中には、世にも珍しい”土ボタル”も鑑賞できます。ディナーはボリューム万点のオージーBBQ!お天気の良い日には星の観測も!夕方からのツアーなので、ショッピングの後にも参加できて、大満足の一日になること間違い無しです。<☆家族割ありツアー☆>

※現在こちらのツアーは催行されておりません※

今回のツアー探検隊員

ゴールドコーストの探検隊員
Leo 探検隊
ラミントン国立公園でたくさんの動物に会うことができました。
世にもめずらしい土ホタルも見れて大満足の一日でした。
★ 「WAKUWAKUきらきらサファリツアー 」割引価格でのご予約は、こちらから ★



ジェットコースター夜行

山からの眺め
バスで迎えに来てくれたガイドさんは、ハンサムなオージーのサムさん。彼は日本語が上手で、以前九州に住んでいた経験もあるんだとか。

そんなサムさんの流暢な日本語で今回のツアーの説明を聞きながら、バスはラミントン国立公園へ。街の景色がドンドン離れていくと、周囲は農園や牧場ばかりになっていく。次第にサムさんが運転するバスは、田舎道を爆走するジェット・コースターに様変わり!

いつの間にかバスは山道を走っていて、眼下の景色は街を一望できるほどに山を登って行った。

峠は動物だらけ

ワラビー発見 牛の群れ
峠道を走っていると、突然の牛の群れに遭遇した。そうです、この一帯は牧場になっていて、牛が放し飼いになっているのです。

間近で見る牛は、とっても大きい! 牧草をムシャムシャ食べてる牛たちの間を通り抜けて行くと、ユーカリの森に入って行った。そこで目にすることができるのが、アカクビワラビーとヤブワラビーです。

ワラビーたちは夜行性なので、夕方頃に草や木の実を食べるため活動し始めるらしい。野生の彼らは、とにかくカワイイ! ピョンピョン跳ねてく姿や、警戒しつつもこちらを見る眼差しが、実に愛らしい。

ヘビと一緒に

グルグル巻きです ヘビでおおはしゃぎ
山道をだいぶ走った途中で、サムさんのお友達?の家に寄り道。そこで出会ったのは、体長2mほどのニシキヘビだ!

そのお友達の家では野生だったヘビを2匹飼っているらしく…。そこでサムさんが「ヘビを肩に乗せて、記念撮影です!」って…。普通に生活していたら、こんな貴重な体験はできない!

意を決して、ヘビとの撮影初体験だ。

そしたら…

意外とヘビの皮膚はスベスベしてて気持ちが良い。

BBQエリアに到着

オライリーレインフォレストリゾート 室内
再びバスに乗り、亜熱帯ジャングルの山道をひた走る。
陽もだいぶ暮れかけた頃に、目的地であるオライリーレインフォレストリゾートに到着した。

ここは高原リゾートホテルのようなゲストハウス、レセプションや部屋やレストランまでもヒュッテやロッジのような山小屋風。ここの施設にはキャンプ場やBBQエリア、スパやプール、ブッシュウォークの登山道もある。今回利用するのは、そのBBQエリア。バスの運転・ツアーガイド・そしてBBQの調理と、なんでもこなすサムさんに感服です!

サムさんが晩御飯を作ってくれている間に、僕たちはオレンジジュースを飲みながら、ポッサムが寄り付くための餌をBBQエリアの周辺にまいておく。

ディナータイム

国立公園入り口 カンガルー肉
さぁ、待ちに待ったBBQの夕食だ!

先ず最初に焼き上がったのは、カンガルーの肉だった。初めて食べるカンガルー肉は…少々歯応えがあり、クセのある香りだった。

その後は牛肉や鶏肉、ソーセージなどもたくさん食べられる。もちろんサラダやパンもありますよ! デザートに、焼き立てアップルパイもあります。

探検開始!

 
しっかりと腹ごしらえをしたら、いよいよ夜のジャングル探検に出発です。その前に…ジャングルに入る前に、空を見上げてみよう。 そう、満天の星空だ! 肉眼でも十分に、数えきれないくらいの星々が見えるんです。

改めて、ジャングル探検に出発だ。懐中電灯を片手に、さながら肝試しのような探検だ。実際にみんなの電灯を一斉に消してみたら、本当に真っ暗だ。

10分ほど歩いた場所に、ようやく辿り着きました…今回の目玉商品? 土ボタルの登場です!
オーストラリアとニュージーランドにしか生息していない、水辺で発光する土ボタル。懐中電灯を全て消して、幻想的な光の協奏曲を楽しんだ。

土ボタルたちに別れを告げて、ジャングルの途中やBBQエリアの周辺にまいたリンゴを確認しに行くと…野生のワラビーやポッサムがリンゴにかじり付いていた。



帰りのバスでは


バスに乗って、オライリーリゾートを発つ。帰りのバス車中では『サムさんのサファリツアークイズ』が始まりました。

コアラは1日に何時間寝るでしょうか?
コアラは1日にどれくらいのユーカリの葉を食べますか?
コアラの名前の由来は? などなど… バス車中でサムさんが説明してくれた『オーストラリアの歴史』や『オーストラリア特有種の有袋類』に関するクイズをしました。

いつの間にか眠ってしまったけど、バスはサーファーズの街に戻っていました。
山道のドライブ、ワラビーやポッサムと出会い、BBQを食べて、星空や土ボタルを見ることができる。たった数時間のツアーだけど、内容盛りだくさんのアクティビティでした。

今回のツアースケジュール
17;15 カナングラ街到着(トイレ休憩)
  休憩後、ラミントン国立公園を通過中、車窓から野生動物をスポットライトで見学。
18:30 ラミントン国立公園に到着
  懐中電灯片手に、世界遺産に囲まれた亜熱帯ジャングルの森へ出発 ジャングルの中で土ボタルを見学
19:45 オージーBBQディナー (ディナーでは、赤・白ワイン、ソフトドリンクが飲み放題です)
  ツアーガイドによるディジャリデウーの実演などのパフォーマンス
  天体望遠鏡を使って、天体観測を楽しみます。(約15分)
20:45 ラミントン国立公園を出発
22:15 ホテル到着

持ち物
ツアー参加券(バウチャー)、長袖の上着、動きやすい服、歩きやすい靴

※料金、ツアー内容はツアー参加時のものとなります。
最新情報は下記のリンクよりご確認下さい。


※現在こちらのツアーは催行されておりません※

ツアーのご予約はこちらツアーのお問い合わせはこちら


同じカテゴリー( L どうぶつ)の記事画像
ナイトサファリツアー【体験記1】
WAKUWAKUきらきらサファリツアー【体験記2】
ナイトサファリツアー
同じカテゴリー( L どうぶつ)の記事
 ナイトサファリツアー【体験記1】 (2010-12-08 18:24)
 WAKUWAKUきらきらサファリツアー【体験記2】 (2009-01-04 06:07)
 ナイトサファリツアー (2007-11-29 00:00)

投稿日: 2008年12月23日

無料!新規ブログ作成
無料ブログの登録はこちら

はじめての方へ

広告掲載について


過去記事
QRコード
QRCODE

削除
WAKUWAKUきらきらサファリツアー【体験記1】
    コメント(0)